賃貸物件の家賃は給料の何割だせる?

目安としては給料の3分の1といわれていますが

家賃は給料のうちのどれくらいまでの支払なら適正なのでしょうか。人により事情は様々、単身か結婚しているか、子供がいるかによって必要な間取りや広さが変わってくるはずですし、給料の額も人により違いますし、月々の給料が定額ではない人もいます。全ての人に給料の3分の1が適正ということではないかもしれません。 給料の3分の1の家賃支出を検討しているときには、しっかり全体の支出を把握しておく必要があります。まず確認しておきたいのは電気・ガス・水道代がどれくらいかかっているかを知っておきましょう。また、通信費・保険料などの固定費は毎月必ず出て行く出費です。この金額と家賃を足して、月の給料から引いてどれ位のお金が残るかを確認しましょう。残りの金額でひと月生活することになります。

給料の4分の1だと安心かもしれません

では、給料の4分の1が家賃の場合を考えてみましょう。4分の3のお金が毎月残ることになりますので、気持ち的には少し余裕があるように思えます。もし、4分の1の家賃で気に入った物件が見つかればそれにこしたことはないです。ただし、家は毎日過ごす場所でもあるので、納得のいかない物件を借りて後悔するのも問題ですので、そこは十分検討しましょう。 また、4分の3のお金が残ったとしても、お金のかかる趣味をもっていたり、子供や自分の学費などまとまったお金が必要な人もいますので、必ず4分の1の支出であれば問題ないということはいえないでしょう。さらに、賃貸物件には駐車場代、管理費、更新料などが別途かかる場合もありますので、その支出を含めたうえで無理のない支払割合を考える必要があります。