賃貸はここがいい!

ここがいいと思える直観!

賃貸物件を探す場合には、自分の直観を信じることも大切です。実際に物件を内覧した時に、直観的にここがいい!と思うことがあります。直観的にここがいいと感じることは、第一印象がよい物件ということです。物件探しにおいて第一印象が悪いと、その物件を借りてもずっと悪い印象が残ってしまいます。これから数年間暮らす家探しだからこそ、最初の印象を大切にすることが必要です。 第一印象を感じるタイミングは、人によって異なります。建物の外観を見て惹かれる人もいれば、内装を見て初めて惹かれる人もいます。人によっては、間取りを見ただけで惹かれるかもしれません。またいい物件の場合には、すぐに契約が決まってしまう可能性もあります。気になった物件があれば、契約まで早めに動くことも肝心です。

直観の中にも冷静さを忘れずに

ここがいい!と思えた物件に出会えたとしても、その場ですぐに契約をすればいいというわけではありません。一度冷静になって、本当にこの物件でいいのか見なおしてみることが大切です。 例えば、直観的に内装がいいと思える物件であっても、日当たりが悪い、または風通しが悪いかもしれません。またコンセントなどのチェックも肝心です。部屋のコンセントが一か所しかないと、テレビとパソコンが同じコンセントで停電しやすくなる可能性もあります。他にもどこのガス会社か、キッチンの使い心地、天井の出っ張りなど直観だけではなく、細かいポイントまでチェックします。細かいポイントでも、生活を始めると意外と気になってしまうものです。気持ちよく生活するためにも、直観だけではなく、細かいところのチェックも大切です。